SOGO PLANNING OSAKA JAPAN 株式会社 総合プランニング

プレスリリース〜「2012年版 環境・エネルギーソリューション関連市場の現状と将来性」〜

2012年03月05日

PRESS RELEASE



「2012年版 環境・エネルギーソリューション関連市場の現状と将来性」
調査報告書



環境・エネルギー関連市場に関する調査を実施

総合マーケティングの株式会社総合プランニング(大阪市中央区南本町1−7−15 社長 三木五郎(06-4705-0031))は、「発電システム市場」・「環境・エネルギー関連市場」・「有望市場」・「電気事業者」の4分野を「環境・エネルギーソリューション関連市場」と捉え、その調査結果を「2012年版 環境・エネルギーソリューション関連市場の現状と将来性」として報告書にまとめた。
2011年3月に福島原発で事故が発生し、原子力政策の推進を基軸としたエネルギー基本計画が抜本的に見直されることになった。資源の乏しい日本では石油や石炭等の化石燃料を活用したエネルギーが主流であったのだが、政府が純国産エネルギーの産出を目標に掲げ、原子力エネルギーに白羽の矢が立てられた。
しかし原発事故以降、脱原発の機運が高まり、代替エネルギーとして自然エネルギー(再生可能エネルギー)への注目度が高まっている。
また、2012年7月には「再生可能エネルギー固定価格買取制度」がスタートすることとなる等、法整備による後押しがあり、今後市場が拡大していくと予測される。

本資料では、発電システム市場、環境・エネルギー関連市場、有望市場、電気事業者の動向を分析し、市場概況や技術開発状況、現状の課題を提示しているほか、将来的な方向性についても言及している。

<調査結果の概要>
◇発電システム市場
 市場規模  2011年 3,765億円   2014年推定 5,257億円(伸長率140%)
 調査対象は「中小水力発電、地熱発電、バイオマス発電/ごみ発電、風力発電、ガスコンバインドサイクル発電、太陽光発電」の6品目である。
2011年の市場規模は3,765億円となっており、2014年には5,257億円と推定している。
発電システム市場においては、政府の全量買取制度が2012年7月から施行されるのに伴い、海外メーカーによる日本市場への参入が徐々に増加している状況である。また、政府が法改正や規制緩和を進めていることもあり、当該市場は拡大していくものと見込んでいる。
中小水力発電や地熱発電については、事業化調査等を行う必要があり、その調査結果に基づいて事業を展開することになるため、市場の拡大は2015年以降になると見込んでいる。

◇環境・エネルギー関連市場
市場規模  2011年 3,519億円   2014年推定 7,879億円(伸長率224%)
 調査対象は「小型風力発電、高電圧直流給電システム、超電導ケーブル、スマートメータ、HEMS、BEMS、CEMS、高効率空調機、定置型リチウムイオン二次電池、NAS電池、レドックスフロー電池、リチウムイオンキャパシタ、燃料電池コージェネレーションシステム、下水汚泥燃料化システム、CO2見える化システム、ESCO、スマートハウス」の17品目である。
 環境・エネルギー関連市場の調査対象とされる製品は、エネルギーの蓄電・監視・効率化を図るためのツールとされており、“節電”が謳われている昨今、エネルギーの利用状況の監視や蓄電等の有効利用を図っていく上で注目されている製品である。
 市場規模は2011年で3,519億円となっており、2014年には7,879億円に拡大すると予測している。

◇有望市場
 調査対象は「UHV、海底送電線、V2G、藻類燃料、CDM事業」の5品目である。
これらの製品については、現時点で市場に上市されておらず、2015年頃の上市を予定されている。
UHVについては日本発の国際標準規格となり、藻類燃料については新たなエネルギーとして研究が進められている状況であり、今後、拡大が予想される製品である。

◇電気事業者
 調査対象は「公営電気事業者、独立系発電事業者(IPP)、特定電気事業者、特定規模電気事業者(PPS)」の4事業者である。
 ここで掲載している電気事業者は、電力会社以外の民間企業や自治体が運営している事業者である。
 電力会社以外のルートから電力調達を行う上で欠かせない事業者であり、中には水力や風力等の発電設備を有しているケースもある。
 電力の調達を行う際、電力会社以外から調達を検討している企業等も増加しており、今後、電気事業者の動向から目が離せない。


<調査対象>
発電システム市場:中小水力発電、地熱発電、バイオマス発電/ごみ発電、風力発電、ガスコンバインドサイクル発電、太陽光発電(住宅/非住宅)
環境・エネルギー関連市場:小型風力発電、高電圧直流給電システム、超電導ケーブル、スマートメータ、HEMS、BEMS、CEMS、高効率空調機、定置型リチウムイオン二次電池、NAS電池、レドックスフロー電池、リチウムイオンキャパシタ、燃料電池(PEFC・SOFC)コージェネ、下水汚泥燃料化システム、CO2見える化システム、ESCO、スマートハウス
有望市場:UHV<超高圧伝送>、海底送電線、V2G、藻類燃料(バイオマス)、CDM事業
電気事業者:公営電気事業者、独立系発電事業者(IPP)、特定電気事業者、特定規模電気事業者(PPS)

<調査方法>
 弊社専門調査員による関係企業、研究機関、官公庁などへのヒアリング取材等により情報収集を行った。


<調査期間> 2011年12月〜2012年2月

この資料を請求する/お問合せ

« 2012年3月5日刊行(販売中)「2012年版 環境・エネルギーソリューション関連市場の現状と将来性」 | メイン | 完売のお知らせ〜「2012 水ソリューション関連市場の現状と将来性」〜 »

ページトップへ
Copyright © 2005-2008 SOGO PLANNING CO., Ltd. All Rights Reserved. お問合せ 個人情報保護方針 ご利用条件 ご利用条件