SOGO PLANNING OSAKA JAPAN 株式会社 総合プランニング

2012年7月23日刊行(販売中)「2012年版 ペットビジネス市場の現状と将来展望」

2012年07月23日

2012年7月23日刊行(販売中)
「2012年版 ペットビジネス市場の現状と将来展望」
頒価 70,000円(+消費税)

調査概要
日本国内では、小型犬ブームや庭付き住宅の減少により室内飼育が増加しており、ペットとの距離間がより接近していることから、飼い主は『ペットは家族の一員である』と捉える傾向が高まっている。また、ストレス社会の進行、少子化ならびに急速な人口の高齢化に伴い、人との‘ふれあい’や情緒的交流の不足から‘安らぎ’や‘癒し’、‘一体感’等を家族同等またはそれ以上をペットに求める傾向にある。

本調査資料ではペット関連製品(ペットフード・ペットケア用品・ペット生活用品の計20品目)の主要ビジネスの最新の動向や販売チャネル等を調査・分析することに加え、ペット関連サービス(8業態)、主要企業(6社)の現状も調査・分析することで、ペットビジネス市場の現状と将来展望を明確にすることを目的としている。
詳細はこちらをご覧ください。

この資料を請求する/お問合せ

« プレスリリース〜「食品,飲料,消費財分野における 復刻版マーケットの実態と将来性予測分析 (2012年版)」〜 | メイン | プレスリリース〜「2012年版 ペットビジネス市場の現状と将来展望」〜 »

ページトップへ
Copyright © 2005-2008 SOGO PLANNING CO., Ltd. All Rights Reserved. お問合せ 個人情報保護方針 ご利用条件 ご利用条件