SOGO PLANNING OSAKA JAPAN 株式会社 総合プランニング

2012年8月9日刊行(販売中)「2012年版 シニアマーケットの現状と将来性〜アクティブシニアをターゲットとした商品・サービスの展開状況からの分析」

2012年08月09日

2012年8月9日刊行(販売中)
「2012年版 シニアマーケットの現状と将来性〜アクティブシニアをターゲットとした商品・サービスの展開状況からの分析」
頒価 68,000円(+消費税)

調査概要
国内高齢者人口の増加に伴い、シニア向け商品・サービス市場は衣食住を支える消費財・耐久消費財分野を中心に需要が高まっている。身体の変化、生活の変化に商機を見出すべく、メーカー・サービス業各社がシニアをターゲットとした商品をすでにたくさん上市している。本調査で対象とした衣料品、老眼鏡・コンタクトレンズ、粧業品、衛生品、加工食品、食事宅配、外食・調理食品、ユニバーサルデザイン住宅、セキュリティサービス、有料老人ホーム、自動車・自転車の11分野における市場規模は2011年ベースで13兆4,700億円。今後もシニア層の人口比率が高まっていくことから市場展望は明るく、市場拡大への期待が高まっている。
詳細はこちらをご覧ください。

この資料を請求する/お問合せ

« プレスリリース〜「2012年版 ペットビジネス市場の現状と将来展望」〜 | メイン | プレスリリース〜「2012年版 シニアマーケットの現状と将来性」〜 »

ページトップへ
Copyright © 2005-2008 SOGO PLANNING CO., Ltd. All Rights Reserved. お問合せ 個人情報保護方針 ご利用条件 ご利用条件