SOGO PLANNING OSAKA JAPAN 株式会社 総合プランニング

2012年11月22日刊行(販売中)「2013年 植物の工業的栽培市場の現状と将来動向」

2012年11月22日

2012年11月22日刊行(販売中)
「2013年 植物の工業的栽培市場の現状と将来動向」
頒価 56,000円(+消費税)

調査概要
植物の工業的栽培(=植物工場)は生産コストや収益性など課題は残るものの、関心の高いテーマである。
栽培システムや関連資材事業へ参入する企業のほか、栽培事業者も増加しており、異業種からの参入も多く見られる。
2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響はあったが、被災地の復興などで注目度が更に高まり、植物の工業的栽培市場は今後も拡大していくと予測される。
このような状況を受けて、同社では「養液栽培システム」・「栽培プラント」・「関連資材」・「栽培環境管理・制御システム」に加え、
「工業的栽培を実施している事業者事例(31件)」・「植物工場野菜を販売・利用している小売店・飲食店事例(10件)」
を含め調査を実施し、その結果を「2013年 植物の工業的栽培市場の現状と将来動向」として資料にまとめた。
詳細はこちらをご覧ください。

この資料を請求する/お問合せ

« プレスリリース〜「2013年版 健康・美容機能性素材関連市場の最新動向と市場展望」 | メイン | プレスリリース〜「2013年 植物の工業的栽培市場の現状と将来動向」 »

ページトップへ
Copyright © 2005-2008 SOGO PLANNING CO., Ltd. All Rights Reserved. お問合せ 個人情報保護方針 ご利用条件 ご利用条件