SOGO PLANNING OSAKA JAPAN 株式会社 総合プランニング

2014年7月15日刊行(販売中)「2014年 植物の工業的栽培市場の現状と将来動向」

2014年07月15日

2014年7月15日刊行(販売中)
「2014年 植物の工業的栽培市場の現状と将来動向」
頒価:¥56,000(+消費税)

調査概要

第三次植物工場ブームと言われて数年が経過しているが、植物工場に対する興味や関心は更に高まっている。
その背景には「農業再生」と「食に対する意識」があり、両者は密接な繋がりを持っている。農業は食糧を生産する行為であり、人の生存に関わる。
日本の農家戸数は1950年をピークに減少傾向にあるとともに農業従事者の高齢化も進んでいる。これにより耕作放棄地の増加も深刻な問題となっている。
発展途上国での人口増加が進む中で食糧問題は喫緊の課題となっており、その影響は食糧輸入や肥料及び農薬の原料調達といった点で日本に波及する可能性が高い。
こういった問題に直面する時、農業の在り方が日本の行く先を左右すると言える。植物工場は新たなビジネス、雇用創出として注目されているが、それ以上に「農業再生」の意味合いが強いと考える。
植物の工業的栽培(植物工場)が日本の農業を支えるものになるとの考えから、関連メーカー、栽培事業者、販売・利用者のそれぞれの分野において本調査を実施したものである。

詳細はこちらをご覧ください。

この資料を請求する/お問合せ

« プレスリリース〜「2014年版 電気自動車関連市場の最新動向と将来予測」 | メイン | プレスリリース〜「2014年 植物の工業的栽培市場の現状と将来動向」 »

ページトップへ
Copyright © 2005-2008 SOGO PLANNING CO., Ltd. All Rights Reserved. お問合せ 個人情報保護方針 ご利用条件 ご利用条件