SOGO PLANNING OSAKA JAPAN 株式会社 総合プランニング

2016年2月26日刊行(販売中)「2016年 植物の工業的栽培市場の現状と将来動向」

2016年02月26日

2016年2月26日刊行(販売中)
「2016年版 植物の工業的栽培市場の現状と将来動向」
頒価:¥80,000(+消費税)

調査概要
農業従事者の高齢化や耕作放棄地の増加など日本の農業を取り巻く問題は深刻なものとなっており、抜本的な解決策を見出せていない状況である。
こうした中、植物の工業的栽培(植物工場)に対する期待は大きい。農地を必要としない完全人工光型植物工場(コンパクト型植物工場含む)、大規模施設園芸の推進に不可欠な太陽光利用型(併用型)植物工場は、それぞれに適した場所で今後の発展が期待されている。
生産コストや栽培品目の多様化など、解決すべき課題は残っているが、植物の工業的栽培(植物工場)は日本の農業の在り方を示すものの一つとして、また、「農業再生」だけでなく、「攻めの農業」を実現可能にするものとして担う役割は大きい。
植物の工業的栽培(植物工場)が日本の農業を支えるものになるとの考えのもと、関連メーカー、栽培事業者、販売・利用者のそれぞれの分野において本調査を実施したものである。

詳細はこちらをご覧ください。

この資料を請求する/お問合せ

« プレスリリース〜「2015年版 水ソリューション関連市場の現状と将来性」 | メイン | プレスリリース〜「2016年版 植物の工業的栽培市場の現状と将来動向」 »

ページトップへ
Copyright © 2005-2008 SOGO PLANNING CO., Ltd. All Rights Reserved. お問合せ 個人情報保護方針 ご利用条件 ご利用条件