SOGO PLANNING OSAKA JAPAN 株式会社 総合プランニング

病院・産院施設における主力ベビー用品の取り扱い及び需要実態に関する総合的調査分析 〜少子化のさらなる加速化で絶対的な需要低迷が続く業務用ベビー用品の需要実態と将来性を検証する〜

2002年9月 刊行 [健康・医療・トイレタリー]

体裁(頁・サイズ): 433頁・A4
価格 : ¥700,000(+消費税)

主要もくじ

■まとめ・集計編
※取材回答状況及び調査対象の概要に関する集計
※項目別集計及び集計に基づくまとめと分析
(1)おむつ・おしりふきに関する集計とまとめ・分析
(2)スキンケア用品に関する集計とまとめ・分析
(3)粉ミルク・飲料に関する集計とまとめ・分析
(4)哺乳瓶・乳首及びその洗浄・消毒に関するまとめ・分析
(5)メーカー・卸セールス及びプレゼントに関するまとめ・分析
■個別病院事例(100サンプル)
(1)入院している新生児、乳児及び妊婦さんについて
(2)施設で使用中の赤ちゃん用のおむつやおしりふきなどの紙製品について
(3)施設で使用中の赤ちゃんの体の洗浄や保護を目的とした用品(スキンケア用品)について
(4)施設での授乳や使用中の粉ミルクや母乳用品、赤ちゃん用の飲み物(イオン系等)について
(5)施設で使用の哺乳瓶・乳首等の哺乳用品やその洗浄・消毒や殺菌について
(6)ベビー用品全般のメーカーセールスや納品業者について

この資料についてお問合せ この資料を購入する

« フードストアサニテーション及びフレッシュコントロール需要実態調査分析 | メイン | 有力パネルビルダーの制御機器部品購入実態状況と今後の海外展開 〜有力パネルビルダー別に現状での制御部品の購入実態とユーザーの海外シフトが進む中での生き残り戦略を探る〜 »

ページトップへ
Copyright © 2005-2008 SOGO PLANNING CO., Ltd. All Rights Reserved. お問合せ 個人情報保護方針 ご利用条件 ご利用条件