SOGO PLANNING OSAKA JAPAN 株式会社 総合プランニング

美容医療向け化粧品の需要実態に関する総合的調査分析

2006年6月 刊行 [健康・医療・トイレタリー]

体裁(頁・サイズ): 900頁・A4
価格 : ¥700,000(+消費税)

調査概要
調査主旨は医療機関を対象として美容皮膚医療向け化粧品の現状の施術・採用実態と将来的な需要を検証していくことにより、当該市場向けの開発・マーケティング戦略構築のために有効となり得る基礎的・客観的な調査データを提供していくこと。調査対象は皮膚診療科目を設置している医療施設300サンプル。対象エリアは全国。


主要もくじ

■調査概要
■調査分析編
■個別事例編(化粧品取扱あり施設)179サンプル
■個別事例編(化粧品取扱なし施設)121サンプル
1.調査対象施設フェイスシート
2.当該施設での美容皮膚医療の施術実態
3.院内(施術時)での化粧品の使用(推奨)状況
4.院外(アフターホームケア)化粧品の採用・販売(推奨)状況
5.「美容皮膚医療」「アフターホームケア」向け専用化粧品に対する考え方とニーズ

この資料についてお問合せ この資料を購入する

« 事業所向け廃水処理アウトソーシングビジネスの需要動向に関する調査 | メイン | 市乳宅配市場に関する調査(2006年版) »

ページトップへ
Copyright © 2005-2008 SOGO PLANNING CO., Ltd. All Rights Reserved. お問合せ 個人情報保護方針 ご利用条件 ご利用条件