SOGO PLANNING OSAKA JAPAN 株式会社 総合プランニング

眼科診断機器/眼科用ITシステムにおけるマーケット動向調査

2011年8月 刊行 [健康・医療・トイレタリー]

体裁(頁・サイズ): 13頁・A4
価格 : ¥300,000(+消費税)

調査概要
近年、眼科業界では診断機器における各社の開発力が高まってきており、早期に疾患が発見できると、ほぼ確実に治療が可能とされている。そのため、診断機器におけるニーズが今後も高まっていくと考えられ、眼科診断機器を対象としたマーケット調査を実施するに至った。また、医療施設のIT化に伴い、眼科医療施設においてもITシステムの導入が加速しているため、診断機器とともに眼科用ITシステムも調査の対象とし、それぞれの市場規模推移(金額ベース/数量ベース)・マーケットシェア・市場概況・トレンドを纏めている。本調査における眼科診断機器とは「眼底カメラ」と「OCT」を指しており、眼科用ITシステムとは「ファイリングシステム」と「電子カルテ」を指している。なお、眼底カメラについては「散瞳型」「無散瞳型」「一体型」の3カテゴリーに分類し、各カテゴリー別に纏めたものとなっている。

主要もくじ
1.総括編
眼底カメラ・OCT・画像ファイリング/電子カルテのマーケット規模推移とマーケットシェア
マーケットを構成している参入プレーヤーならびに製品セグメントの一覧
マーケットの概況ならびに動向・眼底カメラ・OCT・眼底用ITシステムにおける今後の方向性


2.製品セグメント別マーケット編

眼底カメラ・OCT・眼科用ITシステムにおけるマーケット規模推移とマーケットシェア

この資料についてお問合せ この資料を購入する

« カーナビのディーラーチャネル流通実態調査[(2010年度実績+11年最新情報版) | メイン | ------------プレスリリース(機能性素材)------------ »

ページトップへ
Copyright © 2005-2008 SOGO PLANNING CO., Ltd. All Rights Reserved. お問合せ 個人情報保護方針 ご利用条件 ご利用条件