SOGO PLANNING OSAKA JAPAN 株式会社 総合プランニング

市乳宅配市場に関する調査(2012年版)

2012年5月 刊行 [食品・アグリ]

市乳宅配市場に関する調査(2012年版)
体裁(頁・サイズ): 84頁・A4
価格 : ¥560,000(+消費税)

調査概要
2011年の市乳宅配市場。東日本大震災影響が2011年夏季まで続いたことで数ヶ月間分が大きく前年割れ。その後、ヨーグルト需要が非常にタイトになった契機で盛り返したことが幸いであった。結果としては市場規模は前年比95.8%の1,056億円となった。震災ダメージは不可抗力によるものだが、消費需要が全体的に停滞していることが背景にある。2012年も厳しい状況が続くが、期待要素は幾つかある。発酵乳のトレンドが今後数年間続く見通しであること、やや頭打ち感あるグルコサミンは新参が増えれば再活性の可能性あることなどである。しかし流通施策に新しい開拓口が見つかっていない。人口が集中する都市部に多い集合住宅は事実上未開拓のままである。販売店の後継者不足も続いている。
商品ダウンサイジング。機能性強化。やや遠ざかる白モノ。商品政策は計画,見通しが立て易い。しかし近年市場規模がにわかに拡大しているネットスーパー。ここは市乳宅配販売店にとっては大きな壁となるかもしれない。乳業メーカーの中には乳以外の商品MDを強化していく動きが活発になっているが、今後は牛乳販売店流通をどう活かしていくのか…2012年以降の市乳宅配戦略カギは「流通」である。


主要もくじ

【Summary編】
◆ 2011年の市乳宅配市場及び、2012年以降における中期的展望
◆ 2010→2011年市乳宅配市場規模と主要メーカーの売上昨年比較
◆ 当該市場におけるTOPブランドランキングベスト15 (2011年)
◆ 当該市場における発酵乳市場規模、グルコサミン市場規模、容器形態別市場規模
◆ 市乳宅配市場の特徴「商品施策」「流通施策」
【メーカー個票編】

この資料についてお問合せ この資料を購入する

« -------プレスリリース(2012環境・エネルギー)------- | メイン | 業務料飲チャネルにおけるワイン流通市場実態レポート(2012年版) »

ページトップへ
Copyright © 2005-2008 SOGO PLANNING CO., Ltd. All Rights Reserved. お問合せ 個人情報保護方針 ご利用条件 ご利用条件