SOGO PLANNING OSAKA JAPAN 株式会社 総合プランニング

業務料飲チャネルにおけるワイン流通市場実態レポート(2012年版)

2012年5月 刊行 [食品・アグリ]

業務料飲チャネルにおけるワイン流通市場実態レポート(2012年版)
体裁(頁・サイズ): 138頁・A4
価格 : ¥600,000(+消費税)

調査概要
近年本邦のワイン輸入量が増加している。円高を追風とするインポーターの取扱い意欲拡大にあわせて酒店・業務料飲ユーザーの販売意欲も高まってきている。不振が続く外食分野、業務・料飲チャネルでもワインの取扱い店舗は確実に増加、中期的に需要は上向きにある。ビール等の酒類が厳しい状況にある中でワイン市場は将来的に安定性が高い分野である。2011年度本邦ワイン市場2,367億円のうち、業務料飲チャネルが790億円(33.4%)である。2015年には837億円に達すると調査予測。伸長が期待される業務料飲チャネルワイン市場。レポートでは詳細チャネル市場規模実態に加えて、参入プレイヤーの動向も多々記載。

主要もくじ

はじめに 2
サマリー編 3〜42
市場編 43〜57
個票編 58〜138(酒類メーカー,インポーター計30社)

この資料についてお問合せ この資料を購入する

« 市乳宅配市場に関する調査(2012年版) | メイン | 食品,飲料,消費財分野における 復刻版マーケットの実態と将来性予測分析 (2012年版) »

ページトップへ
Copyright © 2005-2008 SOGO PLANNING CO., Ltd. All Rights Reserved. お問合せ 個人情報保護方針 ご利用条件 ご利用条件