SOGO PLANNING OSAKA JAPAN 株式会社 総合プランニング

高齢者見守りIoTサービス市場の現状と今後の発展性

2017年3月 刊行 [サービス・その他]

体裁(頁・サイズ): 89頁・A4
価格 : ¥450,000(+消費税)

調査概要

 国内総人口は1億2,700万人(2015年10月現在)となっており、うち65歳以上の高齢者人口は3,392万人を数え総人口比26.7%を占めるに至る現在、高齢者層のマスボリュームが増加すればするほどに、その健康と生活環境の保全・整備の必要性が高まっている。現状の国内・公共インフラ環境はまだ十二分に対応できているとは言い難く、警察組織や地域の保安システム(監視カメラなど)といった既存関連システム・サービスを副次的/代替的に流用したり、各地方・地域の自警組織によって生活居住環境の保全が図られている状態である。
 そうした中、民生/事業者向け提供サービスとして「見守りIoTサービス」市場が増加・拡大しており、特に高齢者が危機的状況に陥る前にその予兆をデバイスセンサーで検知しIoTシステムで相互通信を行うことにより、オフサイトで状況の悪化を抑止したり、オンサイトでサービス享受者の安全を保障・担保する製品・サービスが数多く上市されつつある、国内市場における高齢者向け見守りIoTサービス市場構造とその将来的発展性を調査・分析した。


主要もくじ

1.国内市場概況 編
1)「高齢者向け見守りIoTサービス」の定義と当該製品・サービス群
2)製品・サービス群別提供メーカー/ベンダー企業とその事業形態
3)製品・サービス市場構造とそのポジション俯瞰
4)製品・サービス群別市場規模推移(2013〜2017年度:金額/台数・契約数ベース)
5)エリア別市場規模推移(2013〜2017年度:金額/台数・契約数ベース)
6)「見守りIoTサービス」市場拡大に向けた公的支援動向と“高齢者向け”のポジショニング
7)顕在・潜在市場ニーズ傾向と潜在市場発掘のための肝所
8)市場ニーズに対する製品・サービス提供カバー率
9)製品・サービス群別技術トレンドと解決すべき課題  10)IoT活用の現状と今後の発展性
2.民生向け市場分析 編
1)「民生向けサービス」の定義と当該製品・サービス群
2)当該製品・サービス提供メーカー/ベンダー企業とその事業形態
3)当該製品・サービス市場構造とそのポジション俯瞰
4)製品・サービス市場規模推移(2013〜2017年度:金額/台数・契約数ベース)
5)エリア別市場規模推移(2013〜2017年度:金額/台数・契約数ベース)
6)所得層別市場規模推移(2013〜2017年度:金額/台数・契約数ベース)
7)目的・用途別市場規模推移(2013〜2017年度:金額/台数・契約数ベース)
8)製品・サービス群別インフラ環境要件
9)製品・サービス群別提供時のセキュア環境担保条件
10)製品・サービス群別導入時弊害点とその解決策
11)市場拡大余地のある新規領域とその予測根拠
12)対象分野の動向と今後の展望
3.事業者向け市場分析 編
1)「事業者向けサービス」の定義と当該製品・サービス群
2)当該製品・サービス提供メーカー/ベンダー企業とその事業形態
3)当該製品・サービス市場構造とそのポジション俯瞰
4)製品・サービス群別市場規模推移(2013〜2017年度:金額/台数・契約数ベース)
5)エリア別市場規模推移(2013〜2017年度:金額/台数・契約数ベース)
6)業種・業態別製品・サービス市場規模推移(2013〜2017年度:金額/台数・契約数ベース)
7)製品・サービス群別インフラ環境要件
8)製品・サービス群別提供時のセキュア環境担保条件
9)製品・サービス群別導入時弊害点とその解決策
10)市場拡大余地のある新規領域とその予測根拠
11)対象分野の動向と今後の展望
4.「高齢者見守りIoTサービス」関連企業動向 編
1)製品・サービス主要メーカー/ベンダー企業の事業特徴と戦略動向
2)民生向け主要メーカー/ベンダー企業間比較分析
3)事業者向け主要メーカー/ベンダー企業間比較分析

この資料についてお問合せ この資料を購入する

« -------プレスリリース(2017 電気自動車関連市場)------- | メイン | 市乳宅配市場に関する調査(2017年版) »

ページトップへ
Copyright © 2005-2008 SOGO PLANNING CO., Ltd. All Rights Reserved. お問合せ 個人情報保護方針 ご利用条件 ご利用条件